五条ダン

ブログ

超能力に憧れた少年が、明晰夢中毒になった話。

超能力が一大ブームとなった年、子供たちはスプーン曲げに夢中になった。当時小学生の僕も例外ではない。あの幼き日々、スプーンに捧げた情熱を少しでも勉強に注いでいたならば、きっと今頃ノーベル賞でも受賞していたのにと悔やまれる。 しか...
ブログ

サボテンに、名前をつけた。名はツカサ。

ツカサと運命の出会いを遂げた場所は、忘れるはずもない、バレンタインの日にふらりと立ち寄ったダイソー(100円ショップ)である。 ツカサは100円で売られていた。 僕は一目惚れした。彼女を家に迎えてやりたいと思った。 ...
ブログ

小説のキャラクター設定を7枚のタロットカードに託す方法

小説のキャラクター設定がどうしてもうまくいかない。 魅力的なヒロインが書きたいのに、出来上がるのはいつも薄っぺらい紙人形だ。彼女の心は、剝いても剝いても中身がない玉ねぎの涙で出来ていて、時折「べ、べつにあんたのことなんて好きじゃないん...
ブログ

春――小説家志望が最も苦しむ季節

桜の樹のしたに埋まりたくなるとき 春は憂鬱、やうやう近くなりゆく〆切。 毎年、新年を迎えて「よーし、今年こそ新作長篇を投稿してプロ小説家デビューするぞー!」と僕は意気込む。受賞級のプロットはすでに頭のなかにあった。これはベストセ...