WordPress5.0更新「新しい記事投稿・編集画面」を元に戻す方法

WordPress 5.0のアップデートによりエディター(記事の投稿・編集ページ)の仕様が大幅に変更されました。何も気にせず更新したらエディター画面がガラッと変わってしまって戸惑っている人は多いと思います。

結論を先に述べると「Classic Editor」というプラグインを入れると旧エディターに戻せます。

Classic Editor
以前の「クラシック」エディターを有効化し、TinyMCE、メタボックスなどを含む旧スタイルの投稿編集画面を使えるようにします。これらを拡張するすべてのプラグインに対応しています。

(↑ Classic Editor プラグイン公式ページ)

WordPress管理画面の「プラグイン」→「新規追加」で「Classic Editor」を検索して、上記画像のプラグインをインストール & 有効にしてください。

見慣れたいつものエディター(記事投稿ページ)に戻っているかと思います。

このプラグインはWordPressチームが管理する公式プラグインで、2022年までサポートされる予定です。永遠に使えるとも限らないため、折を見て新しいエディターの方に慣れておく必要がありそうです。

当プラグインを停止することで、いつでも新しいエディターに変更できます。

WordPress 5.0で新しくなったエディターにはどんな特徴があるのか?

WordPress 5.0の新しいエディターではテーマやプラグインの機能に頼ることなく、デフォルトのエディター機能だけでお洒落な感じに記事を整形できるようになりました。

例えば上の画像のように記事の先頭文字を大きくする(ドロップキャップをつける)こともワンクリックでできます。また、段落単位(ブロック単位)で背景色を設定することも簡単にできるようになりました。

あるいは上画像のような、レスポンシブ対応の複雑なカラムレイアウトを記事中に入れたり、CSSでデザインされた丸いボタンを作ったりと、何かと高度なことができます。

つまり端的に言えば、デフォルトの時点で「めちゃくちゃ高機能なエディターになった!」ということですね。

とはいえ、現状は新しいエディターには「日本語での記事作成がうまくできない」といった不具合も見つかっており、しばらくは旧エディターのままで様子を見ておいた方が良いかもしれません。

私も当分は「Classic Editor」プラグインを導入し、旧エディターを使い続ける予定です。

お役に立てましたら幸いです。